置き換えダイエット、ファスティングなどが
効果が早いとされています。
市販でもたくさん出ている酵素ドリンクや生酵素サプリですが、
原料・成分、味やコスパの面で
比較してみましたので参考にしてくださいね。

 

酵素ドリンクおすすめベスト5

 

 

 

 お嬢様酵素

 

 

 

お嬢様酵素は野草をメインに有機栽培で作った野菜、果物、穀類を凝縮・熟成
して作られた酵素です。
野草がメインとは思えないくらいフルーティーで美味しいのが特徴。
天然植物原料を凝縮しているにも関わらず、コスパが良いの人気の秘密だと思います。
なにより美味しいのが嬉しいですね。

 

原材料 内容量 価格

86種類の天然素材

通常価格

5,130円(税込)

送料無料

 

 

720ml

 

 

 

 

 

 

 

 

優光泉

 

 

 

優光泉の原材料はすべて九州産の旬の野菜を使用しています。
野菜本来の甘みを活かしているため、砂糖、はちみつ、香料などは一切使っていないのです。
完全無添加で水や糖液では薄めていないこだわりの酵素です。

 

 

原材料 内容量 価格

60種類の天然素材
国産100%

 

通常価格

9,072円(税別)

送料無料

定期コースあり

 

720ml

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ベルタ酵素

 

 

 

ベルタ酵素はピーチ味でほんのり甘く原液でも美味しく飲めるのに
脂質ゼロ!使用している酵素数は業界一。ドリンクでは165種類の酵素が含まれていて、
さらに、ヒアルロン酸、プラセンタ、ザクロなども配合されています。

 

原材料 内容量 価格

165種類の天然素材

通常価格

5,080円(税込)

送料648円

定期コースあり(送料無料)

 

710ml

 

 

 

 

 

 

 

 

ベジライフ酵素液

 

 

 

浜田ブリトリーがベジライフ酵素液でダイエットに成功したことで有名です。
実際には酵素を飲んだからといって痩せるわけではありません。
酵素を食事に置き換えて。キレイに健康的に痩せるのが目標。
キレイにダイエットするのは酵素はとてもおすすめなのです。
ベジライフは美味しく飲みやす低カロリーなのも嬉しいですね。

原材料 内容量 価格

90種類の天然素材

通常価格

5,100円(税込)

送料630円

定期コースあり(送料無料

 

500ml

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 酵水素328選

 

 

 

酵水素328選は名まえのとおり、328種類の野菜、果物、穀類、キノコ、海藻、
糖類。酵母、麹からできています。
それと19穀の麹入り、沖縄産黒糖を使用しています。
酵水素329選にはビタミン。ミネラル、食物繊維も豊富に含まれているので
栄養も摂りながら、キレイにダイエットする事が目標ですね。

原材料 内容量 価格

 

328種類の野草果物酵素エキス
19種類の麹由来酵素エキス

通常価格

4,740円(税別)

送料650円

定期コースあり(送料無料

500ml

 

 

 

 

 

 

 

《人気の酵素ドリンク情報≫酵素ダイエットしませんか

 

 

こんにちは!酵素サイト管理人のベジ子です。
私は旬のくだもの、野草・野菜を発酵させて酵素を手作りするのが趣味です。
手作り酵素、市販の酵素にはそれぞれメリット、デメリットがあるので、私はどちらも両方飲んでいます。
腸内フローラのバランスを整えるとダイエットや美肌効果も期待できそうですが、
そんな腸内フローラのバランスを整えるの為にも酵素は力を発揮するのではないでしょうか。
ここ数年では酵素ブームでさまざまな酵素食品などが販売されるようになりました。
酵素飲料を使ったファスティング、断食、ダイエットなどはキレイに痩せれるという事でとても人気が出ましたね。
酵素ダイエットの素晴らしいところはキレイに健康にダイエットができるところです。
実際、手作り酵素は糖分が多い為、ダイエットには向きません。
ですから、ダイエットをするのなら断然市販の酵素飲料がおすすめです。
しかし、たくさんの酵素飲料が出回っているため、いったいどの酵素を選べばよいのか、悩んでしまいますよね。
実際に私も酵素にはとても興味があったので、人気の商品を購入して、原材料、配合しているもの、熟成方法、味、価格、効果などを検証してみました。
実際の酵素ファスティング、置き換えダイエットの体験も交えて、私の体験レポと口コミ情報をまとめてみたので、酵素選びの参考にしてくださいね。

 

 

 

 


実際に飲んで検証した酵素ドリンク8種

実際に飲んで味・効果を検証した酵素ドリンクのご紹介です。

 

 

ベルタ酵素

業界最大級の酵素数を誇るベルタ酵素には

野草・海藻・果物の酵素が165種類も含まれています。
それに加え、ヒアルロン酸、プラセンタ、ザクロエキスなどの美容成分も配合しているので美容とダイエットを同時に叶える事ができます。
ピーチ味で飲みやすいのも嬉しいですね。

 

価格/容量・・・・お試し1本5,080円(税込)/710ml
ベルタ酵素のレビューはこちら

 

お嬢様酵素

野草64種、野菜・果物22種の超濃縮抽出エキスを含む

お嬢様酵素は、自然に生育する野草と有機栽培の野菜、果物、穀類からできている自然のパワーたっぷりの酵素ドリンクです。
飲みやすくリーズナブルな価格も続けやすい秘密です。

 

価格/容量・・・・5,130円3,990円(税込)/720ml
お嬢様酵素のレビューはこちら

優光泉

原材料をすべて九州産にこだわりました。

旬の野菜の本来の甘さを生かし、砂糖やはちみつ、香料は一切入っていません。
完全な無添加で水や糖液などでは薄めていない原液でできています。
砂糖を使用していないのでカロリーも低く、ダイエットにはぴったりです。

 

ハーフボトル2本セット7,992円(税込)/各550ml
優光泉のレビューはこちら

 

ベジーデル酵素液

ベジーデル酵素液は老舗の酒造メーカーの製法で酵素飲料を作っています。

野菜・果物・野草・海藻など100種類以上の原材料を
発酵に1年、熟成に1年、さらに追熟に1年かけて作られています。
ミネラル・ビタミンが豊富な沖縄産の黒糖を使用し、水などは一切使用しないで発酵させています。

 

価格/容量・・・・8,208円(税込)/720ml
ベジーデル酵素液のレビューはこちら

 

酵水素328選

酵水素328選は名前のとおり、

野菜、野草、果実、キノコ、海藻、穀類、糖類、酵母、麹、など、
328種類の酵素エキスから作られています。
酵素ドリンクについている水素パウダーを飲む直前に入れる事により、
美容・ダイエット効果のサポートをします。

 

価格/容量・・・・4,740円(税別)/500ml
酵水素328選のレビューはこちら

毎日酵素

毎日酵素はココナッツ液を主原料に相乗効果の高い

無農薬の無花果、松の実、バナナ、リンゴ、わかめなど15種類の天然素材からできています。
酵素は通常、砂糖の力を借りて発酵させますが、ココナッツはとても発酵力が強いので
砂糖を使わずに作ることができ、低カロリーの酵素液に仕上がっています。

 

価格/容量・・・・6,980円(税込)/720ml
毎日酵素のレビューはこちら

ごちそう酵素

ごちそう酵素は厳選された80種類の素材に食物繊維とビタミンが配合された

酵素液なので、腸もスッキリと美容・ダイエットに最適です。
キレイな黄金色でフルーティで飲みやすいのが特徴です。

 

価格/容量・・・・7,560円(税込)/710ml
ごちそう酵素のレビューはこちら

ベジライフ酵素液

ベジライフといえば浜田ブリトニーがダイエットしたことでも有名です。

回あたり、14.2カロリーという低カロリーなので置き換えダイエット、ファスティングなどに
とても向いています。
低カロリーで美味しく飲むやすいのが続けることができる秘訣なのかもしれません。

 

価格/容量・・・・5,100円(税込)/500ml
ベジライフ酵素液のレビューはこちら

 

 

 

 

※最安値情報毎日続けるものだから価格は重要です。
人気の酵素ドリンクの価格を比較してみました。

※口コミ情報飲み続ける為にも自分好みの味を見つけましょう。人気の酵素ドリンクを飲み比べてみました。


※成分情報成分によって効能も少ずつ違います。
野草・野菜・果物・商品の原材料を比較しました

※送料がかかるもの、無料のもの、値段もさまざま。
人気の商品の送料を比較!


※忙しい毎日でも酵素は欠かしたくないですね。外出時でも手軽に酵素が摂れるサプリメント。
携帯用におすすめです!

 

 

 

≪グリーンスムージー情報≫
空腹感に耐えられない人、これなら美味しく満足にダイエットでリバウンドなし!

 

※人気のスムージーが簡単にできるのがコレ!ミキサーがなくても大丈夫。
酵素たっぷりのグリーンスムージーを体験レポ!

 

酵素ドリンクでキレイになりながら痩せましょう!!

 

これから酵素ダイエットにチャレンジしようというかた!
ダイエットに失敗してしまったかた!
リバウンドでうまくいかなかったかた!

 

≪体験レポ≫私が実際に酵素ドリンクを購入して酵素ファスティングをした成功体験をもとに
酵素ドリンクを比較・検証しました。

 

失敗のない酵素選びと正しいダイエット法で
あなたが成功する為の参考にしていただけたら嬉しいです。

 

酵素ダイエットはこんな人におすすめです!!

 

 

いままでいろいろなダイエットに挑戦したけど続かなかった。。

 

どんなダイエットをしても効果がなかった。。。

 

体を動かすのが苦手。。。

 

体質改善をしたい。。

 

早く効果を出したい。。

 

キレイに健康的に痩せたい。。。

 

 

 

 

 

正しい酵素ダイエット 5つのポイント

酵素ダイエットには大きくわけて2つあります。

 

ひとつは置き換えダイエットです。
置き換えダイエットの場合は3食のうち1色を酵素ドリンクに変えて、
緩やかにダイエットをしていきましょう。

 

もうひとつは酵素ファスティング(プチ断食)です。
酵素フアスティングは2日から7日ぐらいの間、
全ての食事を酵素ドリンクで行う方法です。

 

このファスティング(断食)の場合は、内臓機能、消化機能を休ませる事によって、
腸をキレイにし、デトックスして太りにくい体質を作るというものです。

 

酵素ファスティングの場合、正しい方法で行うことがポイントです。
無理な断食、絶食はストレスや免疫力や体の抵抗力の低下など、
結果的にリバウンドや脱水症状を起こしたり、ひどい場合は拒絶症、拒食症になってしまう事もあるので、
痩せたいからといって無理な断食、絶食は辞めましょう。

 

今回は私が酵素ファスティングを体験し、成功したことをもとに、
失敗しない為の5つのポイントを挙げてみました。

 

酵素だけに頼らない事

 

 

酵素ドリンクだけで痩せようと思わないでください。
もちろん、ファスティング中(断食中)は酵素ドリンクだけで過ごしますが、
その前後の、準備期、復食期も大切です。
その間は、野菜、果物 発酵食品を中心にした食事をしますし、
日頃からの食生活もとても大切です。

 

 

質の良い酵素ドリンクを選ぶ

 

酵素ブームでもある今、たくさんの種類の酵素ドリンクが販売されています。
きちんと酵素が生きているものでなければなりません。
酵素ダイエットの場合は酵素がちゃんと活性化しているものを選ぶことが大切です。

 


しかし!!   調べてみると加熱処理されているもの、
清涼飲料水に分類されいるものがほとんどだという事に疑問を感じました。

 

そこで、「清涼飲料水」と記載されている酵素ドリンクは
実際加熱処理されているのか?
酵素は活性化しているのか?
その辺をメーカーに直撃してみました。

 

【メーカーに直撃】「清涼飲料水」の酵素はちゃんと生きているのか?

 

 

規則正しい生活をする事

 

酵素ドリンクを飲んでいれば大丈夫。。とうのは大きな間違いです。
日頃の生活からきちんとした生活習慣を身につけましょう。
ジャンクフードの食べ過ぎや、間食などにも気をつけましょう。
適度な運動をするように心がけましょう。
夜更かしもよくありません。

 

 

すぐに効果を求めてはいけない

 

もちろん、3日間のファスティングでも痩せます。
個人差はありますが、私は周りから顔が細くなったと言われましたし、
体重も落ちました。
しかし、たった3日で劇的に変わることはありませんし、
もしそうだったとしたら、逆に危険な事です。

 

一度のファスティングですぐに効果を求めないでください。
ファスティングによって太りにくい体をつくり、日頃からの食生活や、
体を動かす事を継続すことが大切です。

 

ファスティング後の食生活が重要

 

3日間のファスティングが終ったからといってすぐに普通の食事に戻してはいけません。
徐々に戻す必要があるので、最初の二日間は重湯、おかゆといった具合で、
いきなり固形物は食べないようにしましょう。
ファスティング後、1週間ぐらいは油や肉も控えた方が良いでしょう。
日頃から酵素以外にも発酵食品を摂りましょう。
せっかく頑張ってファスティングしたのですから、その効果が半減しないように、
最後まできちんと頑張りましょう。

 

 


私が酵素ファステイングをした感想は。。

 

よかったと思ったのは、酵素ファスティングはダイエットだけでなく、
肌の調子がすごくなった事です。
それはファスティング中に実感!
吹き出物などもできにくくなり、なによりも宿便がでて、腸がすっきりキレイになっと、
という事がとても嬉しかったです。
健康にもとても良いと思いました。
だから酵素ダイエットは痩せるだけでなく、体にもとてもよく、
健康的にダイエットできるので私は是非おすすめしたいと思います!

 

【置き換えダイエット・ファスティング】あなたはどっち派?

 

酵素のダイエット法にはおもに2つ。

 

「ファスティング」は3日前後の日程でその間,水と酵素ドリンクで過ごす方法。
短期間で効果を実感したい人、食べずに過ごす時間の余裕がある人におすすめ。

 

「置き換えダイエット」は3食のうちの1色を酵素ドリンクに置き換えます。
ライフスタイルに合わせて無理なくできるのがメリットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

健康にも美容にもいい発酵食品はいつの時代もおすすめ

数年前に塩麹が流行りましたが、昨年末くらいから「甘酒」が人気です。
甘酒は大きく2種類にわかれ、酒粕ベースのものと麹ベースのものがあるのですが、
最近注目されているのは麹と蒸したお米を発酵熟成させたタイプです。
酒粕にお砂糖を足したタイプと違い、
麹の消化酵素によって米に含まれるでんぷんがブトウ糖に変化して甘みを出すため、
身体によくカロリーも低いのでダイエットにもオススメです。
しかもその成分バランスはビタミンやアミノ酸なども含まれ、
病院で使われる栄養補給の点滴とほぼ同じことから「飲む点滴」と呼ばれて一気にブームとなりました。

 

そもそも発酵食品はなぜ身体によいのでしょうか?

 

それは発酵のプロセスを知ることが大事です。
発酵というのは、食品などに含まれている菌などの微生物の働きによっておこるもの。
微生物が食材に吸着し、繁殖を繰り返すことで、元々の食材の成分を変化させることを「発酵」と呼ぶのです。
たんぱく質が分解されて、アミノ酸やビタミン、糖類などの栄養成分が増し、それに伴い旨味成分も増加します。
菌や微生物のおかげで元々の食材よりも食べやすく、より身体によいものになったのが「発酵食品」といえるでしょう。
ただし、世の中にはたくさんの菌や微生物があるので、どんな菌や微生物でも食材にとっていい影響を与えるわけではありません。
人間の体によい影響を与えるものを善玉菌、悪い影響を与えるものが悪玉菌と分類することができるのですが、分かりやすくいえば善玉菌は食材を「発酵」させ、悪玉菌は食材を「腐敗」させてしまうのです。

 

さきほど紹介した塩麹や甘酒を筆頭に日本には大昔からたくさんの発酵食品が存在します。
もちろん世界中に発酵食品はありますが、日本の発酵食品の種類の豊富さは他の国とは比べ物になりません。
しかもその歴史は古く、旧石器時代にヤマブドウを発酵させたお酒を飲んでいたという資料もあり、醤油・味噌・みりん・お酢など多くの発酵食品が古くから日本の家庭に身近にあったのです。おそらく日本の気温や湿度などの気候条件も発酵に適した環境だったのでしょう。
さらには日本が稲作中心で、発酵に重要な麹菌が米と相性がよかったことも関係しているかもしれません。

 

日本の気候や風土が古くから多くの発酵食品を生みだした背景と、発酵食品が身体によいことはお伝えできましたが、本当に美容にもいいのでしょうか?
まず、身体によいとされる善玉菌にはどんな種類があるかというと、味噌やパンなどを作る酵母菌やヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌、納豆を作る納豆菌や麹菌、乳酸菌などです。
これらの善玉菌は元々の食材について繁殖することで旨味や香りを引き出し、保存がきくようになったり、抗酸化作用が高まったりするのですが、摂取する時も一つの食材に大量に善玉菌が含まれているので、大量摂取することで腸内環境が改善されます。
また発酵によってビタミンが増加したり、必須アミノ酸やコラーゲンの吸収を増長するため、発酵食品がもつ栄養素はお肌の潤いを保ったり、新陳代謝を促進するなど美容にも効果が認められています。
さらにはお酢に含まれる酢酸菌がコレステロール値を下げて、血管を広げるのに一役買うので、むくみも解消します。
代謝が上がれば、太りにくい身体になりますからダイエット効果もありますね。

 

あとは漬物(ぬか漬け・キムチ・ピクルス等)など多くの発酵食品に含まれる乳酸菌は腸を元気にします。
腸内環境が整うと、便通も快調になりますし、栄養素をしっかりとりいれることが出来るようになるので免疫力も高まります。
便秘や肌荒れを引き起こす悪玉菌の働きも抑制します。
また、大豆に含まれるイソフラボンには悪玉コレステロールを減らす作用や血液サラサラ効果もあります。

 

食品に含まれる抗酸化物質は、カロチン、ポリフェノール、フラボノイドが代表格ですが、これらは生食品からはたくさん吸収できません。
それが発酵食品ならばお手軽に身体に取り込めます。
アンチエイジングには欠かせないと言われる抗酸化物質ですが、発酵食品を通じてより効果的な作用が期待できます。

 

美容には大敵といわれる疲れやストレスも発酵食品で撃退可能です。
まず、疲労回復効果が高いと言われるお酢。酸味のある発酵食品を食べたり、ワインヴィネガーを調理に使うのもオススメです。
また天然アミノ酸のギャバは抗ストレス作用があると言われていますが、日本人にはなじみの深い納豆や味噌、粕漬けなどにも含まれているので食べるだけでリラックス出来ると言われています。

 

善玉菌は加熱しない方がたくさん摂取出来ると言われていますので、醤油も生醤油の方が酵素がたくさん入っているのでオススメですし、味噌や酢などの調味料も、火を加えない方が善玉菌を多く取ることが出来ます。

 

健康にも美容にもオススメな発酵食品。
日本では本当にたくさんの種類の発酵食品が身近にあり、簡単に手に入るので、取り入れない手はありません。

人の体にとって必要不可欠な酵素を摂取する食生活

 

人体にとって必要不可欠な栄養素というと、タンパク質、炭水化物、ビタミンといったモノを挙げる人が多いと言えます。
ですが最も人体にとって重要なのは「酵素」なのです。

 

酵素は生野菜や果物、発酵食品などに含まれているのでしっかり食べるように心がけましょう。
酵素は生野菜、果物、生の肉、魚といった食品に含まれています。
ですが現代人というのは加熱してから食事をする機会が多いので、酵素は不足しがちな栄養素と言うことが出来ます。
あと酵素は納豆、味噌、漬物といった発酵食品などにも含まれています。
だから意識して生の食品や発酵食品を摂取するようにして下さい。

 

低タンパクを意識すればガンを予防出来る

 

酵素をしっかりと摂取して、さらにタンパク質を控えるように心がける事が重要です。
タンパク質は肉類や魚類といった食品に動物性のタンパク質が含まれます、そしてタンパク質を多く取り過ぎると消化不良を起してしまい、消化酵素の無駄に消費してしまうのです。

 

酵素の力を高める優秀な食物繊維を紹介

 

消化、吸収された後の食べ物をカス、老廃物を体外に排泄する為には
食物繊維が必要となってきます。
食物繊維というのは野菜、果物などに多く含まれている「不溶性食物繊維」と海藻類に多く含まれる「水溶性食物繊維」とが存在しますが両方共大切だと言えます。

 

脂肪が全部悪者という事ではなく、質のいい脂肪は必要です

 

脂肪というのは肥満の元と思われています。
実際に過剰に脂肪を摂取すると細胞の余計な脂肪を体内に溜め込んでしまうので太ってしまいます。
ですが質がいい脂肪を適量摂取することは人間の体にとっては必要なことなのです。
マーガリンといった体に良くないトランス型油は控えて、不足しやすいα-リノレン酸油を意識的に摂取することが大切だと言えます。

 

高酵素、高繊維、低タンパクがダイエットの基本

 

 

これまで何度もダイエットをして失敗している。
カロリー計算をしっかりしているつもりなのに体重が落ちない。
そんな人は間違ったダイエット方法を行っている可能性があると言えます。
様々なダイエット方法が存在し、中でも「ダイエットの為の食事」に関しては、特定の食品を摂取すれば痩せることが出来るという、低カロリー、高タンパクの食事を勧めたり、いろいろなダイエット方法が紹介されていると思います。ですが健康的にダイエットをする為には酵素が重要な鍵となってきます。

 

糖分が多いフルーツはダイエットには良くないの?

 

フルーツはよく知られているように、含有成分のほとんどが水分で低カロリーな食品です。フルーツは甘みがあるのでカロリーが高いのでは、と思われる方もおられますが、この甘みの元は「果糖」や「ブドウ糖」で、砂糖の元である「ショ糖」とは性質が違い、カロリーが低いのです。そして身体を活かすエネルギーとしても適したものです。

 

カルシウムを含む飲み物といえば牛乳。毎日飲んだほうが良い?

 

毎朝必ず牛乳を飲んで健康維持を心がけているという人は今も結構います。子どものおられる家庭はなおさら多いかもしれません。
けれども実は牛乳に含まれているカルシウム成分は、人体への吸収率があまりよくありません。それどころか、マグネシウムが不足している状態の場合、かえって体内のカルシウムを流出させてしまうという逆効果を及ぼすこともあるのです。
牛乳をあまり多くとりすぎてしまうと、結石や動脈硬化などの原因にもつながりますので、飲用量には注意が必要なのです。

 

疲れたときの甘いものって本当に頭のエネルギー補給に役立つの?

 

疲れたときに甘いものが欲しくなる人は少なくありません。
確かにエネルギーになる成分も含まれてはいますが、量には注意すべきです。
白砂糖を原料に含むお菓子類を食べ過ぎると、血糖値が急激にあがります。けれどもすぐにまた血糖値は下がり、逆に低血糖状態を呼んでしまいます。
また、白砂糖は血液中に含まれる悪玉菌の餌となり、正常な身体の働きを阻害します。摂取し過ぎると、肩こりや腰痛や頭痛といった症状のもととなりますので、ほどほどの量にとどめておくようにしましょう。

 

生野菜は身体を冷やすってほんと?

 

よく聞かれる言葉ですが、正確には、生野菜そのものが身体を冷やす、というわけではありません。身体中の酵素が不足したために、冷え性を生むのです。
つまり、酵素がたくさん含まれた生野菜をしっかりと摂取しつづければ、全身の代謝が改善し、血液の循環も正常になっていきますので、身体の冷えも覚えなくなっていくはずです。
ですので、冷え性改善のために、生野菜や生野菜ジュースは酵素を一定量補給する為に貴重な存在です。一日の食生活のなかでまんべんなくしっかりと摂取するように心がけましょう。

 

それでも冷えを起こすことを心配されるのであれば、食後にブラックジンガーにお湯を注いだお茶を飲むと良いでしょう。このブラックジンガーとは、玄米の粉を酸化しないように特殊な方法で焙煎した粉です。
また、食物繊維を多くとるためにも、野菜は煮たり蒸したりするほうがオススメです。生野菜と加熱した野菜をあわせてバランスよく摂取すると、身体機能も改善していくことでしょう。

 

スタミナ作りには肉や魚が必須?

 

エネルギーを食べることで得たい場合には肉や魚を摂取する、というのが当たり前の風潮になっていますが、これら動物性たんぱく質を消化するまでには、大量の消化酵素と時間が必要です。消化酵素を消費することにより、スタミナが逆に落ちてしまう、ということも起こります。
そのため、疲れを取りたいというときには、動物性たんぱく質の摂取は控えて、消化器官を休ませてやり、体内酵素を使わせないという酵素断食、という方法のほうがよほど効果的なのです。

 

ダイエットのときには食事量ではなく、脂肪の摂取法に気をつけること

 

脂肪を取りすぎると、肥満を招くというのはよく知られた一般常識のようなものです。
それと同様に、カロリーの摂りすぎをイコール体重増加を招く、といわれますが、正しくはカロリーではなく飽和脂肪酸の摂りすぎのほうが体重増加に繋がりやすいのです。

 

ですので、食事量によって変動するカロリーについてではなく、脂肪の摂りかたに配慮して食生活を改善するほうが、ダイエットの際には効果的なのです。

 

 

 

 

 

更新履歴